モーギング情報詳細

茂木の朝さるくのススメ

2021/03/12
書いた人:
長崎暮らし 品川正之介
長崎暮らし 品川正之介

こんにちは!
去年、長崎に移住してきた品川と申します。長崎のまちに魅せられて、日々いろんな場所を「さるく」しています。「さるく」とは「ぶらぶら歩く」という意味の長崎の言葉です。ユニークな場所が多い長崎は、さるくがとても面白い!のです。

最近「茂木の朝が気持ち良い」と聞くので、ならば!と実際に行って「朝さるく」をしてみることに。ちなみに、長崎市中心部からバスで20~30分程度で茂木に着くので、実はけっこう気軽に行くことができます。

宿泊するホテル「月と海」のすぐ近くに、潮見崎十一面観音という、朝の散策にぴったりの場所があるそうなので、次の日に早起きしてさるくしてみました。

朝、ホテルの外に出てみると、さっそく気持ちの良い朝が広がっています。

心地よい太陽、静かに打ち寄せる波の音、ほのかな潮の香り…と、市街地とはまた違う朝の気持ちの良さです。漁業のまちらしく、地域の猫たちも朝から海辺をお散歩していました。

そんなこんなで歩き出します。既に気持ち良いのですが、ホテルから歩き出してほんの数分で、潮見崎十一面観音の入り口に到着です。

地元の方がよく来られる潮見崎十一面観音は、とても由緒ある寺院らしく、特に、子育て・子授けの観音として信仰されているそうです。

ちなみに、長崎市内には「さるくボード」という説明板がさまざまなところに設置されているので、事前知識がなくとも、土地の歴史やストーリーを楽しむことができます。

説明板を読み終わったところで、さっそく、石段を登っていきます。

少し階段を登るだけでも、趣が変わってきます。波の音は消え静かになり、石段と木陰のひんやりとした空気の中に、独特な線香の香りが広がります。なんだかアジアの別の国に来たような雰囲気です。さっきまで目の前に海が広がっていたのに、気がつけば木々と苔むした岩々に囲まれていて、不思議な感じがします。

ちなみに、こちらの石段は、茂木の海岸の石を運んで作られたそう。
ゆったりとした傾斜なので、朝でもそんなに頑張らずに登ることができます。笑。全部で144段あり、階段を登ることで、徐々に目も覚めてきます。

途中、朝早くにもかかわらず、お参りされている地元の方とすれ違いました。また、お地蔵様には綺麗なお花とお酒が手向けられており、地元の人がこの場所をとても大事にしていることが伺えます。

階段を登りきると、一気に視界が開け、目の前に茂木の海が広がります。また、再び静かに波の音が聞こえてきました。遠くには、うっすらと島原半島が見えます。遠くを眺めていると、そよ風が心地良く吹いていきます。

頂上についた時点でも、まだホテルを出てから20分ほど。朝の気軽なお散歩には、ぴったりなコースでした。すっかり目は覚めて、朝から五感いっぱいに自然を感じられて、とてもスッキリします。しかも時計をみてもまだまだ朝早い時間。かなり得した気分に。笑。今からホテルに戻ってコーヒーでも淹れようか、それとも人気のパン屋さんに行ってみようか、まだまださるくしてみるか、朝早く起きると、1日がとても充実する気がします。

さて、早朝の静かな時間が流れているからなのか、普段よりも、その場所の「音」や「香り」を感じられるさるくになりました。もしかすると、朝だから感じられることがあるのかも、そんなことを思うひと時でした。

皆さんも、茂木に来たら、
ちょっとだけ早起きして、さるくしてみてはいかがでしょうか。

地域の猫たちと出会える海辺のコースも良し、もしくは、茂木のまちが一望できる裳着神社なんかも、おすすめスポットです。

それでは、みなさんも茂木にて素敵な朝を!

茂木にて素敵な朝を!

長崎暮らし 品川正之介
長崎暮らし 品川正之介

1991年生まれの29歳。神奈川県横浜市出身。首都圏で5年ほど働いたのち長崎に移住。現在は長崎の魅力(歴史・文化・食事・自然・景観)を深堀りしつつ、各種SNSで発信中。最近の口癖は「長崎は銀河系で一番面白い」。
YouTube : https://youtube.com/channel/UC-XscCbopcZwFclCcU_isKg
インスタ : https://www.instagram.com/stories.nagasaki
twitter : https://twitter.com/sho_mnmn_28
note : https://note.com/mnmn_28

詳細情報
長崎市が行っている長崎さるくでは「茂木みなと散歩 」と題してガイド付きのさるくを行っています。詳しく茂木のまちを知りたい方はこちらもぜひ参加してみてください。
おすすめ時間 日の出〜12時
おすすめ場所 月と海〜潮見崎観音〜裳着神社
予約URL https://www.saruku.info/tour/tsu_27/